子育てしながら通訳ガイド in 香川

香川県在住です。子育てをしながら通訳案内士として働き始めました。

人生について

1週間前、娘が手足口病にかかりました。

初めてこの名前を聞いた時は

なんて恐ろしい病気かと

想像を膨らましていたけど、

 

本当に過酷でした。

 

子供というのは

どこかに出かける時に限って

熱を出すもの??

 

娘はまさかの酒蔵で発症。

 

仕事の関係で主人が

酒蔵ツアーに参加することになり、

酒蔵のインバウンドツアーが

増えてきてるので

私も勉強したい!と

娘と参加させてもらってたんです。

 

西条にある、成龍酒造さん

 

 

レストランや居酒屋と提携して

料理に合うお酒を作っている酒屋さん。

おしゃれで、お酒も美味しいし、

甘酒デザートまで頂き、

しかもスタッフさんもイケメンで

言うことなしの

楽しい時間を過ごしたのち、

車の中で娘が…

 

 

あつい

 

 

その後行ったご飯屋さんで

まさかの体温計を借りることができ

測ったら40度…

 

え!?

 

と思った瞬間

 

私に向かって嘔吐。

 

仲良しゲロまみれ親子で

近くの救急外来へ。

 

酔いは一気に覚め、

引きこもり生活が始まりました(TT)

 

そういう時に限って

ランチとか遊ぶ約束が色々あったり…

(ドタキャンごめんなさい)

でも元気でいてくれることが

本当にありがたいと

痛感した日々でした。

 

突然重たい内容になりますが、

 

引きこもり週間中、

先日亡くなられた

聖路加国際病院日野原重明さんの

「生きかた上手」

を読みました。

 

日野原先生の生涯は

私の理想的な人生!!

なぜなら、

先生は人に与えること、

人の為に生きることを

大切にされていたから。

 

私の祖父が今年の始めに

行方不明になってから

人生の終わりとか死ぬこと

について考えるようになりました。

(祖父は未だ行方不明で、帰りを待ちたいと

思う反面、厳しいかなと思う部分もあって)

特に寝る前は色々考えてしまう。

考えると本当に怖くて寝られなくなる。

 

でも最近は死を意識し生きるのは

大切な気もしてきてます。

 

日野原先生の本を読んで、

余計そう思いました。

 

最後、自分はどんな人間として

人生を終えたいか

 

私が今思ってるのは

周りの人を笑顔にさせる明るい人でいたい、

国内、海外ボランティアで人の役に立つ

何かをしたい、

仕事現役でずっとしてたい、

 

漠然としてるけど

それを目指してこれから行動していけば

後悔なく生きられる…のかも

 

イライラしてる暇なんてない!

 

などと人生のお勉強をしていた

1週間でした。

夜中に重たい内容

書いてしまいましたm(__)m

 

仕事の事も色々考えました。

また書こうと思います。